Adidas Equipment Adidas Equipment

CSG Equipment 91

Mita Sneakers in Tokyo took inspiration from archive Equipment
adverts from the early ’90s to reimagine the Equipment CSG 91 shoe. The iconic campaign tagline – “Runners. Yeah we’re different.” – led Mita to further research what’s often referred to as the runners' high. The trail running discipline is reflected in the leafy camouflage pattern of the design. 

Mita Sneakers
Needs
Equipment

東京のミタスニーカーズは、90年代初頭のEquipment(エキップメント)の広告からインスピレーションを得て、エキップメントCSG 91シューズを再構築しました。アディダスのアイコニックなキャンペーン・キャッチコピー「Runners.Yeah we’re different.(ランナーは、確かに違う)」がきっかけとなり、ミタスニーカーズは「ランナーズ・ハイ」と呼ばれる現象をさらに研究し始めました。トレイルランニングの規律を、迷彩柄のデザインに反映させています。

Japan, 〒110-0005 Tokyo,
Taito City, Ueno, 4
Chome−7−8 アメ横センタービル 2F

www.mita-sneakers.co.jp

Mita Sneakers Tokyo

In Conversation with
Shigeyuki Kunii
Creative Director, Mita

1. Please introduce yourself.
1.自己紹介をお願いします。
I'm Shigeyuki Kunii, Creative Director of Mita Sneakers. During my 25 years at the company, I’ve been fortunate enough to work on numerous sneaker projects across sports brands, outdoor brands and luxury brands. Although you won’t find me at Mita HQ often – I tend to work to my own routine.
ミタスニーカーズのクリエイティブ・ディレクター、国井栄之(くにい・しげゆき)です。入社以来25年間、スポーツブランド、アウトドアブランド、ラグジ ュアリーブランドに至るまで数多くのスニーカープロジェクトに携わる機会に恵まれてきました。ミタスニーカーズ本社にはあまりおらず、独自のルーティン で仕事をすることが多いです。
2. What is your earliest adidas memory?
2.アディダスに関する一番古い記憶はなんですか?
Adidas has always been at the forefront of subcultures (from hip-hop to skateboarding and film), so it’s a brand that has influenced me since I was child. Over the years, I became drawn to how adidas extended beyond sportswear to fashion, particularly within vintage, which is intriguing to a Japanese consumer. Initially, I viewed adidas through a US lens, but when Masatoshi Kasei joined the brand, I was able to discover the charm of adidas via Germany and Europe.
常にサブカルチャー(ヒップホップ、スケートボード、映画等)の最先端だったアディダスは、子どもの頃から影響を受けてきたブランドです。その後、徐々にアディダスがスポーツウェアの域を超えてファッション分野で、特に日本の消費者が好むヴィンテージ分野で影響力を持っていることに興味を持つようになりました。当初はアメリカ目線でアデ ィダスを見ていましたが、加瀬くんがブ ランドに参加したことで、ドイツやヨーロッパ目線 でアディダスの魅力を知ることができました。
3. The ’90s was a key decade in the history of sportswear. What was the first sports shop you visited?
3.90年代は、スポーツウェアの歴史の中で重要 な10年でした。最初に訪れたスポーツショップはどこでしたか?
I was primary school age when I first went to a sports shop, it was a local independent store. But, my most vivid childhood memory of adidas is seeing the brand in sports shops like B&D and Oshman's.
僕が初めてスポーツショップに行ったのは小学生の頃で、地元の個人商店でした。しかし、子ども時代のアディダスの記憶で一番鮮明なの は、B&Dやオッシュマンズ等のスポーツショップで見た時のことです。

In Conversation with
Shigeyuki Kunii
Creative Director, Mita

4. What is it about the Equipment line that you admire most?
4.あなたにとって、エキップメントラインの一番の魅力とは何ですか?
The skate shoe, the Adimatic and the Adventure Series, with its abundance of original models.
後にリリースされたスケートシューズのアディマティックやアドベンチ ャーシリーズ等、独創的なパフォーマンスモデルが豊富に揃っ ていた点です。
5. The original Equipment line had products for all sports, from the mainstream to the niche. Which areas would you like to see have their own Equipment product today?
5.オリジナルのエキップメントラインは、主流からニッチなものまで、全スポーツ用の製品を揃えていました。現在、独自のエキップメント製品を展開するならどの分野がいいと思いますか?
I’d love to see new Equipment styles for baseball, football, basketball and motor sports.
Eスポーツ、キャンプ用品、リモートワーク、モータースポーツ等の新しいエキップメントスタイルを見てみたいですね。
6. What is your favourite part of the collaboration process?
6.コラボレーションの過程で一番好きな部分は?
When Mita collaborated with adidas Originals for the Lawsuit sneaker, we were told we couldn’t use the EQT Performance logo. So, what’s been great about this collaboration is that we could use the EQT Running ZX 8000 and the Admatic designs, it felt almost rebellious. I also enjoy the anticipation ahead of the release. When I went to Berlin, I wore the first sample of the ZX 8000 that had just arrived from the factory. People wanted to know when it was being released and where they could buy it.
以前、ミタスニーカーズがアディダスオリジナルスとコラボする際にEQT パフォーマンスロゴが付いていた商品の復刻を懇願したのですが、大人の事情で実現できませんでした。その後、LAWSUIT(ロースーツ)とZX8000をベースにADIMATIC(アディマティック)とEQT SUPPORT RUNNING(EQTサポートランニング)をサンプリングしたモデルをリリースし、日本のadidasファンや世界のスニーカーコレクターから大きな反響を得れたことでその必要性を少しでも証明できた気持ちになりました。ベルリンに行った時、工場から届いたばかりのZX 8000 MITAのファーストサンプルを履いて行ったのですが、いつ発売されるのか、どこで買えるのかをよく尋ねられたのも良い思い出です。
7. What inspired the Equipment shoe you have created for Consortium 2021?
7. Consortium 2021のために制作されたエキ ップメントシューズは、何にインスピレーションを 受けていますか?
Our inspiration is summed up completely by the original campaign tagline: “Runners. Yeah, We’re Different.”
インスピレーションは、「Runners.Yeah, We’re Different.(ランナーは、確かに違う)」というオリジ ナルのキャンペーン・キャッチコピーに完璧に集 約されています。